サイトを検索

ツアーナースでの"看護職賠償責任保険"を含む項目

日本国内で看護職が行う業務によって、他人の身体や財物に損害を与えたり、人格権を侵害したため、法律上負担しなければならない損害賠償責任を補償します。ツアーナースのお仕事を請ける際、必要になるケースがあります。

ツアーナースのお仕事は保健師助産師看護師法下で規制される看護業務ではありませんが、緊急の際には保健師助産師看護師法下の業務とみなされる可能性があります。また、派遣法が改正された場合は微妙な業務となります。(※認定資格参照)看護業務とみなされない場合の責任については旅行業法下で判断されます。主催旅行または手配旅行の約款および契約等により異なりますが、保健師、助産師、正看護師、准看護師自身を守るために加入を義務付けるツアーがあります。この保険は法律で規制されている資格保持者を守る性格上、保険の負担は通常個人負担が多いようです。

ツアーナースの派遣会社(※認定資格参照)でも契約代理店機能を持っている場合もあります。この場合は保険業法第3条第2項の免許の種類に従い保険の引き受けを行うことができるため、説明義務が適用されています。派遣会社にパンフレットや申込書が置いてある場合は、契約者、取次代理店、引き受け保険会社等をご確認下さい。通常は保険会社または代理店が直接契約する形式をとっていますので加入前、加入後の質問、対応は記載会社に行うことになります。

本来、派遣会社にとっては保険販売収入が目的ではありませんので、保険のパンフレットや申込書が備え付けられている場合はあくまでもサービスの一環です。そもそも緊急のツアーナースの手配において円滑な人材のアサイン上のための目的で保険を紹介することが始まりでした。契約先はご自身で選択できます。日本看護協会の会員の場合は株式会社日本看護協会出版会で加入できます。


このエントリをつぶやく このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク Share on Tumblr newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Digg This FriendFeedで共有

医療スタッフのための英会話ハンドブック



医大再受験のための医学部受験予備校 保健師、助産師、看護師から医師に転身